私の頃は成人の日は1月15日だったのですが、ハッピーマンデー制度のため、1月の第2月曜日となりました。昭和に生まれた私にとっては、ハッピーマンデーって未だに慣れません。

それはさておき、成人式を迎えたみなさん、おめでとうございます。その昔は「元服」と言って20歳にこだわらず、大人になったということで髪形を変えたとのこと。江戸時代だったらちょんまげに変わるということですね。

振り返ってみれば、成人式を迎えたからと言って何か変わったという感じはしませんでした。寮に住んでいたので、地元の式に出席できるはずもなく、午前中は自動車学校に行って午後からは友人たちとボーリングに出掛けたと記憶しています。

その人の環境、働いているか学生か、あるいは配偶者がいるかどうかなどによって感じ方が異なるのではないでしょうか。いろんな人がいると思いますが、法律的に大人として扱われる年齢だということは理解しておかないといけません。

私は3回目の成人式・・・いえ成人式を迎える人たちの3倍の年齢になります。だからという訳ではありませんが、少しだけアドバイスを

学生だろうと社会人であろうと、日々勉強ということを忘れないで下さい。勉強は学校だけではないのです。生きていればいろいろなことにぶつかります。それを認めて自分の糧にするのかどうかで、明日以降の自分に大きく影響します。

特に失敗は大きな勉強です。同じ失敗を繰り返すのは問題ですが、新しいことに挑戦して結果として満足出来るものを得ることが出来なかったとしても、諦めずに挑戦し続けたり別の目標を立ててそこに向かったりすることが出来ます。

失敗を恐れず、いろんなことに挑戦して下さい。これが私からのちょっとしたアドバイスです。