今月のトピックス

ようやくカレンダーが出来ました

 毎年作っている弊社のカレンダー、今年もなんとか出来上がりました。これも皆様のおかげだと感謝しております。

 このカレンダーは全て今年私が撮影した写真のみで構成しています。なるべく季節感を合わせた写真にしたいのですが、ちょっと気を抜くと2ヶ月以上撮影していない時があったりするので、若干季節感がおかしいところがありますが、これは平にご容赦下さいませ。

来年の連休は

 カレンダーは私が日付を振ります。日付を振るのは全く難しくないのですが、問題は祝日です。昔は「旗日」と言っていましたが、最近は言わなくなりましたね。祝日について正確を期すにはどうすればいいでしょうか。実は内閣府が祝日を公開しています。「国民の祝日 内閣府」で検索してみて下さい。検索のトップに「国民の祝日について – 内閣府」というページが表示されるはずです。(http://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html)このページの下のほうに「平成30年と平成31年の国民の祝日」が示されています。
 一目見て判るのは「天皇誕生日」が平成31年は記載されていません。来年は今上天皇が4月30日をもってご退位され、翌5月1日に皇太子様が天皇に即位されるので、これまでの平成31年12月23日は天皇誕生日ではなくなるのです。

GWは10連休なの?

 新聞報道などでは「10連休はほぼ確定」と書いていますが、まだ決定ではありません。これはカレンダー業界泣かせではあるのですが、5月1日を「即位の日」として休日にするには法律を通す必要があるためです。
 法律が通れば10連休が確定します。でもなんで10連休になるのか判りますか?

 GWでの祝日は
  ・4月29日:昭和の日
 ・5月3日:憲法記念日
 ・5月4日:みどりの日
  ・5月5日:こどもの日
です。ここで即位の日として5月1日が祝日になっても4月30日と5月2日は平日です。なんで連休?と思う人もいるかと思います。

えっ!という法律があった

実は国民の祝日に関する法律第3条第3項に「前日と翌日の両方を「国民の祝日」に挟まれた平日は休日とする」とあるのです。
 5月1日が祝日になれば、4月30日は昭和の日と即位の日に挟まれて休日になり、5月2日は即位の日と憲法記念日に挟まれてこれも休日になります。ついでに5月5日は日曜日になりますので、翌6日は振替休日ですので、4月28日(日曜日)から5月6日(月曜日)まですべて休日になり、週休2日制で4月27日も休みとすれば見事に10連休となる訳です。
 10日間も休みになればどうしましょう。海外旅行に行きたいところですが、この時期は飛行機代が高くなるので、考えてしまいますね。
 多分筆者は、良くて日帰り旅行かな!?

弊社取扱商品のご案内

1.事業計画策定支援

 どうも最近「売上が安定しない」、「資金繰りに四苦八苦している」などの心配事がありながら、どうすれば良いか悩んでいる経営者の方に朗報です。中小企業が事業計画を策定する際に、専門家を利用する費用の2/3を国が負担してくれる補助金があります。
「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」という補助金で、中小企業診断士などの専門家と一緒に3~5年の事業計画書を作成し、それを元に事業を進めることで、いまでの経営を見直すことを目的としています。
 1年間はフォローで進捗をチェックしますので、計画を策定したらそれで終わりではありませんので、ご安心下さい。
 フォローも含めて費用の2/3(上限20万円)が補助されますので、企業としては最大10万円で事業計画を策定することが出来ます。利益から10万円を支出するのは・・・と思われるかもしれませんが、計画に基づいて事業を進めることでそれ以上の利益を確保出来れば、それほど高いものではないと確信しています。

2.管理職養成講座

 中小企業、特に規模が小さくなればなるほど管理職は名ばかりで、仕事はこれまでの仕事とあまり変わらず、給与だけが役職手当がついて高くしなくてはならない。こんな名ばかりの管理職を本当の管理職にするための講座です。
 座学では東京商工会議所の「ビジネスマネージャー検定試験」のテキストをもとに、管理職として必要な知識を、体系的に学んでいきます。
 加えビジネスゲームでは、楽しみながら企業経営の基本である利益の確保方法などを理解させることを目的としています。
 対象は近々に管理職になる予定の人、今管理職だがもっと活躍して欲しい人になりますが、新入社員でも大丈夫です。

 スケジュールについてはお問い合わせ下さい。隔週1日で6回を予定しております。年度末、新年度には集中して3週間で修了するコースも企画しております。
 詳しくはhttp://www.acm.aichi.jp/業務案内/管理職養成講座/ をご覧下さい