今月のトピックス

梅雨入り

「五月雨を集めて早し最上川」
この句が詠まれた五月雨は梅雨のことです。先月号でもお話ししましたが、この句にある五月は旧暦の五月です。つまり新暦の六月に当たりますから、五月雨は梅雨のことですね。
気象庁のサイトを見ると、東海地区での平年の梅雨入りは6月7日頃、梅雨明けは7月15日頃ですが、今年はどうなるんでしょうね。ちなみに6月7日は旧暦では4月24日で、7月15日は6月3日ですから、五月雨が梅雨だということがよく分かりますね。

梅雨の範囲

 梅雨は日本固有のものではありません。もう少し言うと日本でも北海道と小笠原諸島に梅雨はありません。北海道は「蝦夷梅雨」と言われる雨のシーズンがあるのですが、これは梅雨前線の影響ではないので、梅雨ではないのです。
 梅雨前線の影響を受ける地域は東アジアから日本です。だから台湾、中国、朝鮮半島も梅雨という時期があります。ただ時期が異なり、台湾や沖縄地方は5月の初旬には梅雨入りで6月下旬には梅雨明けになります。だからゴールデンウィークに台湾や沖縄へ旅行に行くのは、雨の中に出掛けることになりますので、注意する必要があります。本土に住んでいると、梅雨は6月以降という認識があるので、ゴールデンウィークと梅雨が結びつかない人が多いと思います。でもゴールデンウィークの沖縄は梅雨時期ですからね、これを忘れないで下さい。

梅雨の花

 梅雨に咲く花と言えばやはり紫陽花ですね。紫陽花は土壌の酸性度によって色が変わるので、花言葉は「移り気、浮気」ですが、「乙女の愛」「辛抱強い愛」という言葉もあります。
 紫陽花は、いろんな種類がありますが、みなさんご存じでしょうか。街中ですぐに目に付くのはホンアジサイだと思います。
 私は蒲郡市の形原温泉「あじさいの里」によく行きます。ここは池の周りに数万本の紫陽花が咲いています。毎年6月1日から30日までの1ヶ月間「あじさい祭り」が催されます。ここを訪れると、「紫陽花ってこんなに種類があるのか」と感動します。

弊社取扱商品のご案内

管理職養成講座

ようやく研修プログラムがまとまりましたので、皆様に自信を持ってご紹介いたします。
【講座名】
 座学と戦略MG演習で学ぶ「管理職」
【講座概要】
◎座学
 東京商工会議所が実施している「ビジネスマネジャー検定試験」公式テキストをベースにして、管理職に必要な知識や心構えを身につけます。
 テキストは検定試験向けではありますが、その内容は管理職のための基礎知識を、体系的にバランス良く学ぶための良い教科書です。
◎戦略MG演習
 戦略MGは、ビジネスゲームの1つで、昭和51年に当時ソニーに在籍されていた西順一郎氏が開発したものです。
 最近では雑誌プレジデントの2016年10月27日号に「孫政義社長とソフトバンク社員が“ゲーム”に熱中する理由」という記事が掲載され、注目を浴びました。
 プレーヤーが会社の社長となって、ゲームとして会社を経営していくものです。このゲームを通じて、販売、製造、仕入でのお金の動き、人材確保と配置や設備投資の重要性を学ぶことになります。
 また、時間や回数で区切って、会社がどの位儲かったかを計算しますので、決算の重要性も理解出来ます。

【開催要領】
・最小開催人数:3名
・費用:一人当たり30万円
・期間・回数:全6回(1ヶ月2回×3ヶ月)
・開催場所:AIビル3F研修室 他
※1社単独での開催を希望される場合などで会場を指定したい時はご相談下さい。
 但し、あらた税理士法人、(株)エー・シー・エムの顧客の場合は割引制度があります。また平成30年6月中の申込みにつきましては特別割引を実施します。
費用の詳細につきましては、電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

マンスリーレター6月号のPDFはこちらから