リスクという言葉、よく聞く言葉なのですが、意味をご存じですか。
簡単にいうと「危険。危険度」になりますが、もう少し掘り下げて考えてみると「予想通りにいかない可能性」となります。
 会社を経営していく上で100%確実なことはありません。 取引先が倒産するかも知れませんし、台風などの自然災害で工場が操業できなくなることも考えられなくはないのです。
 そのようなことが起きることを予め想定して対処方法を考えておけば、何も考えないよりはるかに損害が少なくなります。
 社長が一人で考えることは大切ですが、一人で考えつくことはそれほど多くありません。経営者の皆さんが集まって、みんなで考えることで、一人では思いつかなかったリスクやその対処策が生まれてきます。
 みなさん、参加しませんか。

募集要項

場所 AIビル3F研修室(豊明市前後町鎗ヶ名1816-8)
時間 午後7時~8時30分
募集定員 20名
参加料 あらた税理士法人顧客 4回連続:3,000円
1回のみ:1,000円
一般 4回連続:4,500円
1回のみ:1,500円

日程とテーマ

テーマ 日程 内容
自然災害と事業継続 9月26日(火) 集中豪雨、台風、大雪など自然災害が発生したときの対処を考えます。
事業のバトンタッチ 12月19日(火) 後継者を見つけて仕事を任せるときの対処を考えます。
社員と向き合う 3月20日(火) 従業員が怪我や鬱などで出社出来なくなったりしたときの対処を考えます。
社長の仕事が出来なくなったら 6月19日(火) 病気や怪我などで仕事が出来なくなったときの対処を考えます。

コーディネータ プロフィール

藤井健太郎 (中小企業診断士、株式会社ACC 代表取締役)

 地元コンサルティングファームにて財務・管理会計・事業承継等、保険業界にてリスクマネジメントやマーケティングに従事し、リスクファイナンスの観点からBCPに関わる。
 現在はリスクマネジメント・管理会計による財務基盤強化と実現可能なマーケティング戦略による売上拡大という、企業経営の攻守両面を総合的に支援している。

申込書

 ここをクリックして下さい