愛知県では平成14年4月から産廃の許可申請が厳しくなりました。特に「経理的基礎を有すること」を証明できない場合、中小企業診断士の診断報告書が必要になりました。

どういう状況になったとき診断報告書が必要なのか

経理的基礎ということで、

  1. 直前期の自己資本比率(10%を超える、0~10%、マイナス)
  2. 直前3年間の経常利益の平均値(黒字、赤字)
  3. 直前期の経常利益(黒字、赤字)

 なお、審査基準については愛知県ホームページにある愛知県行政手続情報案内システムのページから「環境部」の「資源循環推進課」で確認して下さい。
 詳しいことは地域にある「県事務所(尾張、海部、知多、西三河、新城設楽、東三河)」に確認して下さい。

診断報告書作成の流れ

 経理的基礎を判断するためには

  1. 過去3年間の財務諸表
  2. 今後5年間の収支計画書(今後5年の売上高の算定)

診断の具体的な流れ

1) できれば、企業を訪問する前に、過去3年間の財務諸表のコピーを送って下さい
2) 企業を訪問し、経営者もしくは経営幹部の方のインタビューを行います。
そのポイントとしては
・企業の将来方向性
・将来の経営目標、経営計画
になります。
今後5年間の収支計画書についても伺いますので、きちんと用意をしておいて下さい。
3) インタビュー内容を勘案しながら、報告書を作成します。
必要があれば、再度、訪問することもあります。
4) 出来上がった診断報告書を持参し、企業を訪問します。
ここで、診断報告書の内容を説明します。
5) 担当部局から修正依頼があった場合は修正をします

作成に必要な日数

 大体1週間ほど見て頂けると助かります。急いで作成しても修正依頼が入っては遅れるもとになります。余裕を持ってご依頼下さい。

もっと詳しいことを知りたい方は

 作成費用に関して、またその他不明なことがある場合にはメールもしくは電話(0562-92-8766)で確認して下さい。